eスポーツの公認タイトルにはどんなものがあるの?

若い人達の中にはゲームをよくプレイしている方々もおり、eスポーツという世界に興味がある人も多いことでしょう。

そうした人達はやはりどういったゲームが公認タイトルとされているか気になることでしょう。

ではどういった公認タイトルがあるのが見ていきましょう。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

海外と日本で公認タイトルは違う

現状では、海外でeスポーツとされるゲームと、日本で公認タイトルとされているゲームとはすべてが重なっているわけではありません。

日本では公認タイトルとして、格闘ゲームやソーシャルゲームなどが認定されています。

細かくは、格闘ゲームとしてはストリートファイターVや鉄拳7、ソーシャルゲームとしてはパズドラやモンスターストライクなどです。

またサッカーゲームのウィニングイレブンやぷよぷよなども公認タイトルに入っています。

しかしこうした公認タイトルは「日本eスポーツ連合」という組織が選出したものです。

またこの組織がプロライセンスを発行しています。

しかしこの組織が結成される以前からプロ選手として日本国内で活動している人はいましたので、そうした人にとってはライセンスの発行自体が不本意でしょう。

また公認タイトルの選出基準も明らかにされておらず、海外で有名なタイトルが公認されていないのも事実です。

海外で有名なのは、世界で一番の知名度を誇るとされるLeague of Legends、FPSゲームとして絶大な知名度を誇るCounter-Strike: Global Offensive、近年知名度を一気に上げたバトルロイヤルのPLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSなどです。

様々な議論がある

国内でのeスポーツ界隈では、様々な議論がなされています。

eスポーツはスポーツなのか

そのひとつとして「eスポーツはスポーツなのか」という議論があります。

その名称にスポーツという名前が冠されていることから発生している議論ですが、賛否両論あります。

スポーツの定義の主体を肉体的運動とすると、どうしてもTVゲームではスポーツになりえないと考える人がいるからです。

しかしスポーツの定義の主体を競技性と捉えると、TVゲームでもスポーツたりえると考えることができます。

実際にeスポーツの映像を見てみると分かりますが、とても競技性の高いゲームがeスポーツとして取り上げられているものなのです。

eスポーツとゲームの違いとは

また「eスポーツは単にゲームと同義ではないのか」という議論もあります。

これは国内で主に起きている議論ですが、eスポーツという名称が韓国をはじめとした海外から輸入された名称であることがおおよその起因であるようです。

日本でeスポーツという名称が広まる前からゲームの世界で活動していた人にとっては違和感があるということです。

まとめ

〇日本におけるeスポーツの公認タイトルは海外ではあまり見られない。
〇海外でeスポーツとされるゲームは、現在すでに世界大会が開かれている。
〇eスポーツの世界では様々な議論が行われている。

eスポーツの世界は現在まだ発展途上にあり、国内はもちろんのこと海外でも伸びしろがある状態です。

様々な議論や問題がある状態ではありますが、もっとも大事なのはゲームを楽しみ大会を楽しむことなのです。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする