eスポーツの賞金問題とは

最近ニュースで取り上げられるeスポーツという名称を聞いたことがある人は多いでしょう。

このeスポーツの界隈では、現在「賞金問題」というものが浮き彫りになっています。

ではこの賞金問題とはいったいどういったものなのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

賞金問題

日本国内のeスポーツ大会として、賞金問題というものがあります。

日本の法律上、このような大会で高額賞金を設定することが難しいのです。

eスポーツの海外大会や世界大会では、億を超える単位の賞金が設定されていることが稀ではありません。

eスポーツの進展を考える人からは、こうした賞金問題が日本国内でのeスポーツの進展を妨げるのではないかという懸念があるのです。

おおよそ壁となっているのは、景表法と呼ばれる「景品表示法」、風営法と呼ばれる「風俗営業法」、そして賭博罪の3つが論点とされています。

eスポーツは単なるゲームと異なり、大規模な大会や映像配信としてのビジネスの側面があります。

これはeスポーツのみならず、サッカーや野球、バスケットボールのような一般スポーツにも言えることです。

プロリーグに客が入らないと運営がままならなくなるという話は聞いたことがあるでしょう。

こうした興行の側面から、賞金問題は日本eスポーツにおける大きな壁とされています。

その他の問題

eスポーツは賞金問題の他にも諸問題があります。

選手寿命

一般的なスポーツは肉体的な衰えから選手寿命がおおよそ判断されるようですが、eスポーツの場合は反射神経などで判断されることがあります。

eスポーツはゲームですので、肉体的な酷使はあまりありません。

経験を深めるにつれて作戦などの理解度も高まるので、経験年数が多いほど有利とも言えます。

しかし反射神経の衰えで、若い人に敵わなくなってくると選手としての寿命が近いとされるようです。

解雇問題

プロ選手でも解雇されることがあります。

特にeスポーツでは、プレイを配信している際にヘイトスピーチなどを行った事実により解雇される例があります。

選手としての能力の衰えが原因ではないので、非常に残念な問題です。

チート問題

またeスポーツのゲームは競技性が高い上、外部ソフトでチート(不正行為)を行うことができてしまう問題もあります。

こうした問題はBAN(アカウント凍結)などで対処されますが、いたちごっこである側面は否めません。

まとめ

〇賞金問題は日本での法律に関する問題である。
〇同時にeスポーツが興行である特性からあらわれる問題である側面も強い。
〇選手寿命・解雇問題などもプロ選手にとっては重要な問題。

eスポーツはおおむね全世界での大会という位置づけなので、それぞれの国の法律が難点となることは容易に想定できます。

しかしやはりこういった問題が解決され、どの国でもeスポーツが楽しまれるようになると良いですね。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする