eスポーツの認定ゲームにはどんなものがあるの?

日本は世界的に見てもゲームが好きな人が多い国です。

しかしeスポーツとなると、やや他の国の方に遅れてしまっている感があります。

そんなeスポーツのゲームとして認められているゲームには、どんなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

eスポーツに含まれる種目

海外におけるeスポーツ

海外のeスポーツとされるゲームは、種類が多くあります。

世界的に有名なのは、MOBA系と呼ばれるチーム戦を主体としたゲームです。

League of LegendsやDota 2といったタイトルがあります。

また銃などを駆使して敵を倒すゲームに、ファーストパーソンシューター(FPS)・サードパーソンシューター(TPS)と呼ばれるものがあります。

OverwatchやPLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS、Call of Dutyなどが有名です。

League of LegendsやOverwatchなど日本語に対応しているゲームがあり、日本人でもプレイしている人がいます。

しかしPCゲームよりコンシューマーハードが育った経歴の強い日本では、こうしたPCゲームをプレイするのは多いとは言えません。

日本におけるeスポーツ

日本のeスポーツでは、ゲームセンターなどの文化土壌があってか格闘ゲームなどの人気があります。

日本では「日本eスポーツ連合」は公式ライセンスを発行しており、認定ゲームが公表されています。

認定ゲームには格闘ゲームとしてストリートファイターVや鉄拳7、ソーシャルゲームとしてパズル&ドラゴンやモンスターストライクなどがあります。

残念ながら海外で人気の高いものがあまり日本では認定ゲームとされていないというのが現状です。

eスポーツの情報を知るには

海外のeスポーツシーンを見てみると、日本のプロ選手というのをほとんど見る機会はありません。

また同様に日本のチームが他の国のチームと戦うというのを見る機会も多くはありません。

残念ながら他の分野と同様に、日本のeスポーツの世界はガラパゴス化して孤立しているように見えるのが現状です。

積極的にeスポーツの世界に触れていこうと考えるならば、少なくとも英語に触れるようにしておくとよいでしょう。

韓国やヨーロッパのプロ選手・プロチームについて、英語で報道されることが少なくないからです。

たとえ諸外国の言語で最初は報道されても、重要なものであれば英語に翻訳されることがあります。

より正確に知るにはその国の言語を知るのが最重要ですが、幅広く情報を取り入れるなら英語が効率的でしょう。

そういった点でも、日本語のみで情報を摂取しようとすると、より受動的になってしまいがちです。

まとめ

〇海外では数多くのeスポーツのゲームがある。
〇日本の認定ゲームには独自のものが多い。
〇海外のeスポーツの情報を得るには英語を少しでも理解できる方が良い。

義務教育などで苦戦した記憶から英語を毛嫌いする人がいます。

しかし好きな選手や好きなチームのことを知るのに、少しずつ知っていくというのもひとつの手段であると言うこともできるでしょう。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする