eスポーツの定義とは eスポーツはスポーツなの?

このところニュースで取り沙汰されることがあり、多くの人にeスポーツという名称が知れ渡るところとなってきました。

その説明でeスポーツがTVゲームに関するものであるということは知っている人が多いことでしょう。

しかしそのeスポーツの定義とは、いったいなんなのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

eスポーツの定義とは

eスポーツのeとは

eスポーツの定義は、その名前から紐解くことができます。

まずスポーツという名称は、スポーツと呼ばれる他のサッカーや野球同様に競技性やスポーツマンシップを求められるものです。

そしてeスポーツのeとは、エレクトロニックの略で「電子の」という意味です。

つまりeスポーツは電子的スポーツという意味になります。

現在ではTVゲームとして世界大会が開かれる規模のもの、またその大会をeスポーツと指すことがあります。

eスポーツはスポーツ?

eスポーツはスポーツという名称を抱えていますが、その名称に疑問を抱く人は少なからずいます。

これまでのスポーツという概念には、ほとんど肉体的運動の意味が内包されていたからです。

TVゲームとは体を動かさない遊びの典型として、子供の趣味のなかで親が怒るもののひとつとして周知されています。

そうしたものがスポーツと呼ばれることに違和感がある人が現れてもおかしくはありません。

しかし現状で2022年のアジア競技大会の正式種目と認定されたのもあり、実質的にその名称は受け入れられつつあります。

eスポーツはまだ成長段階

eスポーツはいずれオリンピックの種目として認定されうるものだと考える向きもありますが、現状では成長段階にすぎません。

アジア競技大会の正式種目になったのもその証のひとつでしょう。

League of LegendsやDota 2の賞金額も年々多額になってきています。

すでに億以上の賞金額を示すようになってきていますが、それでもまだ成長途中なのです。

日本だけでなく世界の大会のことなので、認知度は時を経るごとに高くなってきており、その認知度が高まるにつれてまた成長していくのです。

この流れに日本も参入することができれば、さらにeスポーツの成長は大きくなるでしょう。

まとめ

〇eスポーツの定義は、名称から見ると「電子的スポーツ」。
〇スポーツという名前に疑問をもつ人もいる。
〇eスポーツの世界はいまだ成長段階。

eスポーツの内実がゲームであることは誰でもすぐに分かることでしょう。

しかしその定義としてスポーツであるという考えには、異論があってもまったく問題はありません。

むしろその疑問を興味に変える形で、より大きく成長できれば多くの人が楽しめるものになることでしょう。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする