eスポーツとレッドブルの関係とは?

TVゲームといえば、日本では子供が遊ぶものだとされ、時には時間の無駄だとすら言われていました。

近年では世界大会が行われるゲームなどがeスポーツと呼ばれるようになってきましたが、そうした中でレッドブルの名前を聞くことがあります。

eスポーツとレッドブルの関係とはいったい何なのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

レッドブルはスポーツの協賛をしている

レッドブルはオーストリアのエナジードリンク企業で、いろいろなスポーツのスポンサーとして協賛しています。

日本で有名なところでは、サッカーのセレッソ大阪のスポンサーになっています。

海外では、レッドブルが所有しているスタジアムなどもあります。

アメリカには、メジャーリーグサッカーのニューヨーク・レッドブルズの本拠地である「レッドブル・アリーナ」があります。

またオーストリア・ブンデスリーガのサッカーチームであるレッドブル・ザルツブルクの本拠地である「レッドブル・アリーナ」が、オーストリアにもあります。

どちらも同じ名称で紛らわしいのですが、これとはまた別に、ドイツにも「レッドブル・アリーナ」があります。

こちらはドイツ・ブンデスリーガのRBライプツィヒが現在使用している本拠地です。

協賛しているのはサッカーだけではありません。

F1やヨットレースのスポンサーなどもしています。

F1ではイタリアのファエンツァを本拠地とするスクーデリア・トロ・ロッソを買収しています。

またレッドブル・レーシングとしてオーストリアからF1に参戦もしています。

eスポーツとレッドブル

eスポーツの情報サイトを運営

レッドブルは独自にスポーツやeスポーツに関するサイトを運営しています。

日本語で閲覧するときも各国の情報を得ることができるメディアです。

格闘ゲームのストリートファイターやコンシューマーゲームのスマブラやスプラトゥーン、またPCゲームのLeague of LegendsやPUBGの情報も集まっています

いろいろな情報が集められているので、eスポーツのなんたるかを知るきっかけとしても良いかもしれません。

eスポーツ大会のスポンサー

レッドブルがスポンサーになっている大会として、レッドブル・クミテというフランス発の格闘ゲームトーナメントがあります。

インターネット上のストリーミングサービスでも配信されているストリートファイターVの大会で、格闘ゲームが好きなら知っている人もいるでしょう。

また別の格闘ゲーム世界大会であるEVOでの協賛を行うなどもしています。

プロチームのスポンサー

eスポーツのゲームとして有名なものに、「Dota 2」があります。

レッドブルは、このゲームのプロチーム「OG Dota 2」のスポンサーなのです。

Dota 2は敵と味方が5人ずつに分かれて敵の陣地を攻め合うMOBAというジャンルのゲームで、パソコン上で無料で遊べるゲームです。

まとめ

○レッドブルはいくつものスポーツのスポンサーになっている。
○eスポーツのスポンサーにもなっている。
○スポーツチームやeスポーツのプロチームを所有している。

レッドブルといえば、エナジードリンクを思い出す人は多いでしょう。

またサッカー好きの人などはチームのスポンサーをしていることも知っていたかもしれません。

そして近年のeスポーツの隆盛もあり、レッドブルはeスポーツのスポンサーにもなっているのです。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする