eスポーツのプロの年収ってどれくらい?

近年eスポーツというゲームの世界大会が話題となっています。

こうなってくるとプロのプレイヤーはどれくらい収入・年収を得ているのか気になるものです。

実際には市場はどれくらいで、年収はどれくらいになっているのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

プロプレイヤーの収入

プロのプレイヤーの収入・年収は、おおむね大会で勝利したときの賞金と、その知名度をいかしたスポンサー契約による収入とに分けられます。

賞金

eスポーツのプロプレイヤーは、やはりプロである限り大会で勝つ必要があります。

ストリートファイターのような格闘ゲームなら自分が頑張ればいいのですが、チーム戦になるゲームの場合はプロといえども一人では戦えません。

たとえ世界的に認知度が高く世界で一番上手なプロだと思われていても、チームが負けてしまえばそのプレイヤーの価値は下がってしまいます。

世界的に有名な「Dota 2」というゲームでは、大会の優勝賞金が日本円に換算して10億を超えるものとなっています。

スポンサー契約

またプロのプレイヤーは勝ち続けることでその強さを認められ、知名度が上がっていきます。

知名度が上がることで、広告としていろいろな企業とスポンサー契約を結ぶことができます。

日本ではゲームのプレイを「実況」としてプレイしている様を動画にしたり生放送を配信したりすることがあります。

海外でもYouTubeでの動画投稿やTwitchという配信サイトで生放送をすることができ、プロプレイヤーはそうした日常的なプレイを見せることで収入を得ることもあります。

生放送

Twitchはプロプレイヤーがドネーション(寄付、投げ銭)として視聴者がそのプレイヤーにお金を送ることができます。

実際にはこれはプロのプレイヤーがそうであるというより、そうしたサイトで配信をしている人すべてにドネーションの可能性があります。

実際にはプロではない人や、すでにプロを引退した人でも、こうしたサイトで配信をすることで収入を確保している人はいくらかいます。

日本と外国との格差

日本でのeスポーツの知名度は低い

しかし日本では、eスポーツの知名度はかなり低い状態と言えます。

日本はゲーム産業を自分の国の誇りに感じている部分があるかもしれませんが、少なくともeスポーツの点においては他国の方がずっと進んでいます。

eスポーツの礎となったオンラインゲームのうち、対戦型のゲームはほとんどが海外製です。

日本でもオンラインゲームがないわけではありませんが、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどのRPGからの派生が強い状態です。

またリリースされるオンラインゲームは韓国製のものが多く、多人数のRPGのみならずFPSなどの対戦ゲームでも韓国製のものが多々見受けられます。

日本でのプロプレイヤーの収入は低い

また同じゲームのプロ市場でも、日本の市場は小さく、プロプレイヤーとして活動する人でも海外のプロに比べると収入が低いのが現状です。

また世界的に有名なプロプレイヤーには北米、ヨーロッパ、韓国の人などそれぞれいますが、日本で世界的に有名なプロプレイヤーとは事実上いないと言っても差し支えない程度になっています。

知名度が低いとスポンサー契約の収入・年収も、生放送の収入も減ってしまいます。

そしてプロ市場自体も小さいので、賞金も少なくならざるをえないのです。

まとめ

○市場の大きいゲームだと億単位の収入が期待できる。
○スポンサー契約は生放送でのドネーションなど、他の収入源もある。
○日本のeスポーツは市場が小さく収入も低い。

日本では一般のスポーツでもプロの収入が海外より少ないとされています。

そうした問題は、eスポーツの中でも健在なのです。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする