eスポーツのこれまでの歴史

近年、ゲームの世界ではeスポーツという分野が知られるようになってきました。

日本ではあまり馴染みのないeスポーツですが、その歴史はいったいどういったものなのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

海外での歴史

1972年のイベント

eスポーツとは「エレクトリック・スポーツ」の略であり、TVゲームでの競技、世界大会のことを指します。

最初のeスポーツのイベントと言われるものには、1972年アメリカのスタンフォード大学にて開催された「スペースウォー!」というゲームのものがあります。

もちろん当時はインターネットも整備されていなかったので、現在のeスポーツのゲームのようにインターネット上で対戦するものではありませんでした。

日本でのプロチームの発足

しかしeスポーツの定義において、ゲームの大会であるということと、世界的に知られて大規模な大会が行われるということは、現代においては重要な見方です。

日本ではプロのチームとして、ゲーム「Counter-Strike」のチーム「4dN.PSYMIN」が結成され、その後ゲーム「Alliance of Valiant Arms」ではチーム「DeToNator」が結成されています。

Counter-Strikeは、もともとアメリカの有名なゲーム企業Valveが発売したゲーム「Half-Life」のMODと呼ばれる改造データとして1999年に発表されたものです。

現在ではリメイクされた商品がValveから販売されており、「Counter-Strike: Global Offensive」は2012年に発売され現在でもプレイされている人気のゲームです。

Alliance of Valiant Armsは韓国の企業が開発したゲームで、2008年にサービスを開始した基本プレイ無料のゲームです。

家庭用ハードとパソコン

現在の有名なeスポーツのゲームには、「Dota 2」や「League of Legends」などがありますが、こうしたゲームでは日本人にあまり馴染みのあるゲームではありません。

そうした点から、日本のeスポーツ界はいささか世界的な市場から乖離しています。

というのもこうしたゲームはいずれもパソコン専用のゲームであり、SONYや任天堂の開発するゲームのような家庭用ハードのコンシューマーゲームは別物だからです。

他にも1999年末に発売された「Unreal Tournament」のように、海外では認知度があるけれども日本ではさほどでもないゲームがいくつもあります。

黎明期の大会と通信

小規模の大会

日本でのゲームの大会としては、公的には認知されておらずともゲームセンターの大会はいろいろな店舗で開催されているものです。

顕著なのは格闘ゲームでしょう。

ストリートファイターや鉄拳、バーチャファイターなどのシリーズは日本でも知られています。

また日本のゲーマーにその名を知られている梅原大吾氏は、こうした格闘ゲームのプロゲーマーとして活躍しています。

こうした大会はインターネットを介さないものですが、ゲームセンターの中では長く行われているものでした。

通信

また同時に、ごく小規模の通信型の対戦としては、ゲームボーイでのポケットモンスターの通信対戦も挙げることができます。

現在ではケーブルを介さずとも携帯ゲーム機で通信できるようになり、友人と集まって同じゲームを協力してプレイすることはより容易になっています。

またソーシャルゲームにおける別プレイヤーのキャラクターを自分のチームに迎え、協力してもらう遊び方も、とても広い捉え方ではeスポーツの協力プレイに類似したものと見なすことができるでしょう。

基本的に現在のeスポーツは、大会として大々的に行い、また賞金が発生するものを指すことが多くあります。

規模が小さかったり賞金が発生しなかったりするものでも、eスポーツの歴史を知るのには役立つものだと言えます。

まとめ

○2000年頃から海外ではオンラインの対戦ゲームがプレイされていた。
○日本では家庭用ハードのゲームが強く、そうした海外のゲームの認知度はさほど高くない。
○eスポーツという名前ではなくとも、小規模の大会や通信での対戦・協力は行われていた。

eスポーツという新しい名称につられがちですが、歴史上日本でもその基礎となるようなゲームの技術は以前からあったものです。

その中でも全世界的に知れ渡り、世界大会が行われるゲームが現れるようになり、eスポーツという分野が生まれるに至ったのです。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする