eスポーツのプロライセンスの条件とは? 賞金はいくらぐらい?

最近、eスポーツという競技が世界的に広まってきています。

このeスポーツはTVゲームの世界大会だということですが、そのプロライセンスの条件はどういったものになるのでしょうか。

また賞金などはいくらぐらいになるのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

eスポーツのプロライセンス

日本eスポーツ連合

日本でのeスポーツのプロライセンスは、日本eスポーツ連合が発行しており、現在は5000円の手数料がかかる条件となっています。

このプロライセンスのほかに、ジュニアライセンスやチームライセンスというものもあります。

この日本eスポーツ連合は、2018年初頭に3つのeスポーツ関連団体が統合してできた連合です。

こうしたプロライセンスは法律上重要なのですが、プロライセンスが発行されるゲームが限定されることなどから批判もある制度です。

海外のゲームのライセンスは多くない

現在のところ、日本でプロライセンスが発行されるゲームの多くは、日本のゲームです。

日本のゲームはウィニングイレブン、ストリートファイターVや、パズドラ、ぷよぷよ、モンスターストライクなどで、海外のゲームはCall of Duty WWII、Tom Clancy’s Rainbow Six Siegeなどです。

このラインナップは、海外で人気のあるeスポーツのゲームとは乖離があるものです。

海外で人気があるゲームは「League of Legends」や「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」、「Dota 2」、「Overwatch」などがありますが、そういったゲームのプロライセンスは発行されません。

日本でプロとなるには、こうした条件に沿わないとなりません。

国内・国外のeスポーツ

賞金

日本では現在、景品表示法を適用すると賞金の上限が10万円になってしまう状態です。

それに比べて海外で行われる世界大会では、賞金は1億円を超えるようなものが行われています。

認知度

認知度もまた、日本と海外ではかなり差があるようです。

海外では世界大会が行われるのとは別に、各地域での大会が行われることもあります。

特に韓国などはeスポーツがとても盛んで、欧米からも強く関心をもって見られています。

eスポーツはスポーツか

またこうした世界的に認知度が高まり、プロが活躍し、賞金が増えるにつれて、「eスポーツは本当にスポーツなのか」という議論は深まります。

論点のひとつとして、多くのスポーツは身体的な運動を主なものとしているのに、eスポーツはそうではないという点が批判の要点として挙げられます。

しかしいわゆるスポーツマンシップという言葉に表されるような、相手を敬い、公平を期し、技術を高め合うという面はeスポーツをプレイしたことがあるなら経験するはずです。

もちろんeスポーツのゲームは多くの赤の他人と一緒にプレイするものであることが多く、そこには暴言を吐くような人々もいます。

しかしこういった点もeスポーツに限ったものではなく、どういった界隈にでも存在するものだと言うことができます。

まとめ

○日本でのeスポーツのプロライセンスは、日本eスポーツ連合が現在発行している。
○海外のゲームはあまり対象とされていない。
○海外のeスポーツの規模は日本よりずっと大きい。

日本でeスポーツに接している人にとっては、海外のeスポーツの規模の大きさに憧れることがあるかもしれません。

条件によっては、これからeスポーツの世界はもっと大きくなる可能性があるものです。

日本のプロ選手が海外でも活躍するようになると、もっと見ごたえのあるものになるかもしれませんね。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする