eスポーツはオリンピックの正式種目になるの?

オリンピックのニュースなどが話題になるとき、同時にeスポーツというものも話題になることがあります。

eスポーツとはTVゲームの世界大会などを指しますが、実はこれがオリンピックの正式種目になるのも近いのではないかと囁かれています。

はたしてeスポーツがオリンピックの正式種目になることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

2022年のアジア競技大会

アジアのオリンピック

2022年9月、中国で第19回アジア競技大会が行われますが、この大会の中でeスポーツが正式種目として認定されています。

このアジア競技大会は、アジアのオリンピックとも呼ばれています。

もちろんこの大会は実際にはオリンピックとは別物なので、この大会の正式種目になったからといってオリンピックの正式種目となったわけではありません。

一定の認知度

しかしeスポーツが一定以上は認知されている証としては十分です。

日本でもeスポーツの名前が知られるようになってきてはいますが、海外の認知度や市場の大きさに比べると、日本のそれはずっと小さいものです。

日本はSONYや任天堂などの家庭用ハードを販売している会社があり、ゲームに対する熱意もありますが、こうしたeスポーツ関連のゲームに関しては海外の方が、熱量が高いと言っていいでしょう。

特にプロ選手が勝ち取る賞金は海外の方がずっと大きいのです。

日本人でも海外で活躍できる素質はあるかもしれませんが、その場合は英語などを話す必要があると想定されます。

eスポーツはスポーツか?

eスポーツがオリンピックの種目として相応しいかどうかは、個々人によって答えが異なるでしょう。

eスポーツは、サッカーや野球といった一般的なスポーツのような肉体的な運動をさほど必要としません。

そうした点からは、スポーツの定義に外れるかもしれません。

スポーツはその定義として、プロの厳しいスポーツと一般人の楽しいスポーツとに分けられるでしょう。

eスポーツのプロ選手にはスポーツマンシップが求められますし、暴言や不躾な言動を取れば解雇されることもあります。

海外のeスポーツのプロ選手は、時には1億円単位の報酬を得ることもあります。

それだけにしっかりとした模範的な姿勢を求められることもあるのです。

一般人は十分な節度をもってルールを守ってプレイすることで、誰でもスポーツを楽しむことができます。
この点では、eスポーツのゲームも何ら違った点はありません。

暴言を吐かず、負けようとも敵側のプレイヤーにリスペクトをもって対応することで、eスポーツのゲームを楽しくプレイすることができるのです。

まとめ

○実績として、アジア競技大会の正式種目と認定されている。
○eスポーツの認知度はすでに一定まで高まっている。
○eスポーツは通常のスポーツと重なる部分も大きい。

eスポーツは実質的には現在まだオリンピックの正式種目としては認定されてはいません。

しかしその資質を十分に保有しているものだと言えるでしょう。

スポンサーリンク
esports-learningレクタングル大

esports-learningレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする